内分泌疾患専門病院
甲状腺・副甲状腺疾患、糖尿病などの生活習慣病 Facebookページへ Twitterへ

野口病院におけるバセドウ病手術

野口病院におけるバセドウ病手術

外科 内野眞也

野口病院で行っているバセドウ病手術は、甲状腺亜全摘術です。これは甲状腺のすべてを取り去る手術法(全摘)ではなく、大部分を切除して一部分を残す手術法です。この手術法は野口病院が開院して以来、継続して改良を重ねてきた手術法で、長い間この手術法を採用して良好な成績が得られています。

当院のバセドウ病手術の目標は、

  1. 手術による合併症をおこさないこと、
  2. 術後にできるだけお薬をのまずに生活できるようにすること、

です。

切除する甲状腺の量は、患者さんの甲状腺の大きさにもよりますが、おおむね8割〜9割を切除して、1割〜2割を残しています。たとえば、手術前の甲状腺推定重量が20グラムと比較的小さな甲状腺腫の場合は、16グラム程を切除して4グラム程を残します。50グラムとやや大きめの場合は、45グラム程を切除して、5グラム程を残します。50グラムを超えるような大きな甲状腺腫の場合は9割以上切除となりますが、必ず5〜6グラムを残しています。正常の方の甲状腺の大きさは10グラム弱くらいですので、手術で残す甲状腺の量は正常よりも小さく残していますが、バセドウ病の甲状腺組織ですので、術後のホルモン分泌が十分期待できる大きさとなっています。

手術時間は、甲状腺の大きさによって異なりますが、およそ40分〜1時間程度です。かなり大きな甲状腺の場合は、1時間を少し超えることもあります。

患者さんにとって、くびの手術跡はとても気になる問題です。バセドウ病手術では、左右対称の横切開の手術跡となります。皮膚切開の長さは切除する甲状腺の大きさによって異なりますが、50グラム以下では4 cm位、80〜100グラムくらいになると、6 cm位です。100グラムを超えるような大きな甲状腺では、大きさに従って長くなります。くびのしわがある患者さんには、しわに沿った切開をおこなっていますので、しわの位置が切開部位になります。手術後は、創部の保護にこころがけていただき、軟膏を塗るなどのケアをしていただくと、3ヶ月〜半年ほど経つとかなりめだたなくなってきます。

つづく

バセドウ病の手術についてのお話は全3回を予定しています。
次回は「バセドウ病手術の合併症について」です。