内分泌疾患専門病院
甲状腺・副甲状腺疾患、糖尿病などの生活習慣病 Facebookページへ Twitterへ

野口病院における病理診断科の業務【1】

病理診断科は,甲状腺や副甲状腺の病気を顕微鏡で調べて診断(病理診断という)するところです。
具体的には,腫瘍が良性か悪性(ガン)かの判定,組織型(腫瘍の種類:良性かガンか,ガンであれば悪性度が高いか低いか)や,手術で切除された腫瘍の拡がり,切除部分に取り残しなるか否か,リンパ節転移の有無などを調べます。
手術前(術前)に腫瘍から採られた細胞や手術で切除された腫瘍を顕微鏡で調べるので,最も信頼性があり,手術が必要かどうか,手術の方法,手術後(術後)の方針(経過観察か,放射線療法などの追加治療が必要か)を左右する重要な検査になります。

上記を含めた主な業務内容として,①術前の細胞診検査(腫瘍の一部から細胞を採取して調べる),②術中迅速病理診断(手術中に切除した腫瘍組織の一部を標本にして,組織型や転移の有無を調べる),③切除腫瘍の病理組織診断(腫瘍全体を組織標本にして詳細に調べる),④標本の保存・管理(過去標本の再検討や他院からの問い合わせに迅速に対応できる)があります。
病理診断科には,日本臨床細胞学会認定資格のある臨床検査技師3名(細胞検査士と言い,全国に約6,000人)と細胞診専門医資格のある病理専門医1名(全国に約2,600人)が所属し,協力して運営に当たっています。

野口病院では,外来患者さまに対し診断に必要なホルモン検査,生化学検査,超音波検査を含めた画像検査,細胞診検査など全ての検査結果が1時間以内に出揃う「診察前検査」を実施しています。
細胞診検査の結果を1時間以内に報告(迅速細胞診)している病院はほとんどありません。

文責:野口病院病理診断科科長