内分泌疾患専門病院
甲状腺・副甲状腺疾患、糖尿病などの生活習慣病 Facebookページへ Twitterへ

第1章 糖尿病とは

血糖値とインスリン 

血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことで食後には一時的に変動しますが、本来人の体内では一定の範囲内に保たれるようになっています。ブドウ糖はからだを作る細胞のエネルギーの基になるもので空腹時の血液100 ccの中には約100ミリグラム (100 mg/dl) のブドウ糖が含まれています。膵臓のランゲルハンス島で作られるインスリンというホルモンが、細胞が血液中のブドウ糖をエネルギー源としてうまく使えるよう手助けをしています。インスリンが充分働いて細胞がブドウ糖をうまく取り込めれば良いのですが、インスリンの働きが悪いと血液中にブドウ糖があふれて血糖値が高くなる(このことを高血糖といいます)のです。血糖が高いということは細胞にとってはエネルギー源が不足していることを意味します。糖尿病とは放置すれば高血糖が永く続き、そのために全身に種々の悪影響を及ぼしてしまう病態です。

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病にはいくつかのタイプ(型)があります。日本人の糖尿病の90%以上を占めるのが2型糖尿病です。2型糖尿病は糖尿病になりやすい遺伝的な素因に加えて食べ過ぎ、運動不足、肥満などの生活習慣の歪みが原因で起こると考えられています。これらが原因でインスリンの働きが徐々に悪くなり血糖値が高くなるのです。膵臓がどれだけのインスリンを作れるかは生まれ持った素因によって異なります。また年齢によっても膵臓のインスリンを作る能力は低下してきます。必要な量のインスリンを作れないと血糖値が高くなってしまいます。インスリンの働きが不足する第二の原因は食べ過ぎです。たくさん食べると体内にブドウ糖がたくさん入ってきます。たくさんのブドウ糖を処理するためにはたくさんのインスリンが必要です。充分なインスリンを作れない人では食べ過ぎると血糖値が高くなります。また、食べ過ぎの結果肥満するとさらにインスリンの働きが悪くなることが判っています。運動不足もインスリンの働きを悪くします。このようにインスリンがあるのにその働きが悪いことをインスリン抵抗性といいます。2型糖尿病は初期には症状もなく数年の経過で徐々に進行します。健診などで偶然に診断される人が多いのはこのためです。

1型糖尿病は日本人の糖尿病の5%前後と少ないものです。1型糖尿病とは膵臓のインスリンを作る細胞が自己免疫などの機序によって破壊されてしまい、インスリンがほとんど作られなくなるためにおこる糖尿病です。2型糖尿病に比べて比較的急速に発症しますが、発症のごく初期にはインスリンが全く作られないわけではありません。中には3〜5年くらいかかってゆっくりとインスリンが出ない状態になるタイプの1型糖尿病もあります。2型糖尿病に比べると若い人に多いのですが中年以降にも発症します。1型糖尿病ではインスリン注射でのコントロールが不可欠である点が2型糖尿病との相違点です。自分の膵臓から出るインスリンがなく、注射で補うインスリンで血糖をコントロールするので血糖値が不安定になりやすく、特に風邪や発熱などからだにストレスがかかる時(シックデイ)に血糖が容易に高くなる傾向があります。あまり血糖が高くなるとケトアシドーシスという危険な状態に到ることもありますので決められたインスリンをきちんと続けなければなりません。また、血糖が不安定なため低血糖にも充分な注意が必要です。このような理由で1型糖尿病の人では血糖自己測定やインスリンの頻回注射が必要になります。  1型糖尿病と2型糖尿病の区別は病気の経過、血糖値、インスリンの分泌予備能、膵臓に対する自己抗体(GAD抗体など)の有無などを目安にしてなされます。

▲このページのトップへ

1型糖尿病と2型糖尿病との比較

1型糖尿病 2型糖尿病
発症年齢 若年に多い 中年以降に多い
体格 やせが多い 肥満が多い
家族歴 少ない 多い
発症 比較的急に発症 徐々に発症
治療 インスリン注射が必要 生活習慣の是正が必要

糖尿病の予備軍

2型糖尿病は数年かかって徐々に発症しますが、糖尿病になる前の数年間は予備軍の時期と考えられます。最近では全国に700万人以上の糖尿病の人がいると推定されていますが予備軍の数はそれをさらに超えるものと思われます。

将来2型糖尿病になりやすい人とは、血のつながった人に糖尿病がある、肥満がある、不規則な食生活や運動不足など生活習慣が不健康である、女性では妊娠糖尿病の経験がある、また巨大児を出産したことがある、これらにあてはまる人です。これらの人は定期的に血糖検査を受けなければいけません。ブドウ糖負荷試験を行い、ブドウ糖負荷後の血糖値や血液中のインスリンの濃度を調べることによって近い将来2型糖尿病を発症する危険性を知ることができます。危険性が高いと判断された場合は生活習慣の見直しや減量によって糖尿病発症を積極的に予防する必要があります。糖尿病と診断される前に自分が糖尿病になりやすい予備軍かどうかを知って先手をうつのが得策です。以下に述べる糖尿病に対する食事療法や運動療法、肥満や血圧、脂質の管理などは糖尿病の予防にも役立つ内容ですので参考にしてください。

糖尿病の自然経過

糖尿病の初期には症状がないことが多いのですが放っておいてはいけません。からだの中の細胞はエネルギー不足に陥っているのです。そして、何もしないでいると血糖値はさらに高くなり、口渇、多飲、多尿、体重減少、倦怠感などの症状が出てきます。このような症状がある時には血糖はかなり高いと思わなければいけません。血糖が高いままで何年も経過すると眼の異常、腎臓の異常、神経の異常、動脈硬化などの糖尿病の合併症が起こります。これらの合併症は一度起こるとやっかいです。予防しなくてはなりません。予防するために必要なことは糖尿病を放っておかないことです。正しい方法で血糖値を下げておけば合併症や糖尿病の自覚症状を防ぐことができます。

糖尿病の診断基準

1) 血糖検査

血液中のブドウ糖の濃度を測定する検査で、糖尿病の診断には最も大切な検査です。血糖検査の結果は朝食をとる前に空腹で採血したか、食後に採血したかによって変わります。空腹時血糖126 mg/dl以上、または食後血糖200 mg/dl以上が糖尿病を思わせる血糖値ですが、血糖値は変動が大きいので次の所見を参考にして糖尿病と診断します。すなわち、再検査でも同様に血糖値が高い、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー:採血した日から過去1〜2月間の血糖の平均値を示す検査)が6.5 %以上、多尿・多飲・口渇・体重減少など糖尿病に特徴的な症状がある、過去に糖尿病を指摘されたデータがある、糖尿病に特徴的な眼底所見がある、これらのうちいずれかがある場合に糖尿病と診断します。なお、糖尿病がない人の空腹時血糖はおよそ 100 mg/dl、食後でも 160 mg/dlを超えることはあまりありません。

2) 経口ブドウ糖負荷試験 (75 g OGTT)

一回の血糖検査で糖尿病と診断するほど血糖が高くはないけれど、糖尿病の疑いがある時には経口ブドウ糖負荷試験をします。一晩絶食にした翌朝75 gのブドウ糖を含むジュースを飲んで、その前後の血糖値の変化を30分おきに測定します。血糖値の変化が正常型、糖尿病型とその中間にあたる境界型のどれになるか判定します。血糖測定と同時に血液中のインスリン濃度を測定すれば、膵臓で作られているインスリンの量を知ることもできます。 風邪や下痢などで体調が悪い時、暴飲暴食をした後、不規則な食事が続いた後などにこの検査を受けると正確な診断ができないので注意が必要です。  

経口ブドウ糖負荷試験の判定区分

正常型 糖尿病型
負荷前血糖値
2時間後血糖値
110 mg/dl未満
かつ
140 mg/dl未満
126 mg/dl以上
または
200 mg/dl以上

どちらにも合わない場合は境界型耐糖能異常といいます。

▲このページのトップへ